スタッフブログ

9月1日
こんにちは吉本です。 本日より9月に突入 学生さんたちの学校も始まり電車、バスの込み具合も日常を取り戻します。 9月といえば敬老の日に15夜のお月見にお彼岸。 そんな中で今日は15夜のお月見についてお話しいたします。 15夜とは中秋の名月とも呼ばれ、秋の真ん中に出る月という意味があります。 秋の真ん中とは旧暦で8月にあたります。 現在の新暦は旧暦とは1~2カ月のずれがあるため、9月の7日~10月の8日の間で 満月が出る日を15夜としています。 今年の15夜は9月13日になります。 日本では太古から月を神聖視していたようで縄文時代には月を愛でる習慣が あったといわれています。 15夜の月見が盛んになったのは平安時代と言われ859~877年ごろに 中国から伝わり、貴族の間に広まりました。 月を見ながら酒を酌み交わし、船の上で詩歌や管絃に親しむ風流な催しだったそうで、貴族たちは空を見上げて月を眺めるのではなく、水面や盃の酒の上に 映った月を愛でたそうです。 15夜のころは稲が育ち、間もなく収穫が始まる時期だったため、収穫祭や初穂祭の 意味合いも大きかったようです。 月を見ながらお酒を飲み、月見団子のイメージしかなかったのですが、改めて無事収穫でき食事ができることに感謝をしなければいけないなと思いました。
>> 続きを読む

漆喰
こんばんは。西条のお家は漆喰を内部に使っています。漆喰は海底に積もったサンゴや貝を炉で焼き粉末にして水酸化カルシウム(消石灰)と3か月かけて発酵した藁を混ぜた土佐漆喰です。ご存知の方も多い日本を代表する建材です。漆喰の歴史は非常に古く 古代メソポタミア文明時代 旧約聖書に石と漆喰(神がつくりしもの)で作られた塔という記述があるぐらい古くからあるものなんですね。 10月に見学会を行う予定です。興味のある方はご連絡下さい。  洲浜 イメージ 1
>> 続きを読む

令和と還暦と
令和も4か月過ぎました・くつろぎ奥忠です 令和にもすっかり慣れて平成がすごく遠い過去のようです ついこの前令和元年で盛り上がってたのに・環境になじむのは早いですね 平成19年がスタートして令和元年・目まぐるしく時代は変わり、私事ですが 8月で還暦60歳・記憶に残るこの年に還暦を迎えてうれしいですね 歳をとって昔話をするのに、計算しやすい・ボケてなければ、ですが 最近の会話は昔話が多いせいか、何年前の何時という会話で盛り上がります くつろぎを、始めた頃は若かったので記憶があるのですが、最近の記憶がいまいち 記憶にございませんって国会で言ってたんですが、少し分かるような気がします ということで、60歳からのスタート・子供帰りで来年は59歳。 一歳ずつ減るからあと60年人生を楽しめますよ 毎日を元気で楽しく生きていく所存でございます イメージ 1
>> 続きを読む